せわり背割り

無垢材の反りや歪みを防ぐために切り込みを入れること。とくに、含水率(がんすいりつ)の高い木材では、時間が経つにつれて木材は変形して強度が下がり、ひび割れが発生します。そんな時、背割りを入れることで、木材の収縮を一方向に集中することができ、耐久性を維持しやすくなります。

院庄林業の無垢材『匠 乾太郎』は独自の乾燥技術によってこの背割りをなくすことに成功しました。背割りがないことで、木が本来持っている強度を最大限引き出し、無垢材でも集成材並みの強度を保つことが可能になりました。