ほぞんしょりもくざい保存処理(防腐+防蟻)木材

薬剤を注入し腐朽菌、シロアリの侵食を防ぐために処理をした木材。

表面にインサイジングといわれる刻みを付け、薬剤を噴射する噴射処理方式と、

専用釜に木材を入れ、減圧・加圧処理を行うことで薬剤を木材内部に浸透させる加圧注入方式の2種類があります。

後者には水溶性薬剤を利用する湿式と、油溶性の薬剤を利用する乾式があります。

湿式処理は水を用いた保存処理のため、処理後の木材の寸法は大きく変化します。

一方、乾式処理は水を一切用いない保存処理のため、処理後の木材の寸法変化
を非常に少なくできる特性があります。

写真は兼松日産農林株式会様HPより引用