NO PHOTO

かーぼんにゅーとらるカーボンニュートラル

生物や製品のライフサイクルにおいて、二酸化炭素の排出と吸収がプラスマイナスゼロになること。植物が生長する過程で光合成によって吸収した二酸化炭素の量と、焼却によって排出される量は同じであるため、植物を燃やしても大気中の二酸化炭素は増減しない、プラスマイナスゼロであるという考え方を指すことが多い。これが、化石燃料の代わりに植物を燃やすバイオマスエネルギーの利用が二酸化炭素の排出削減に有効であるという考え方につながっている。