しんりんきゅうしゅうげん森林吸収源

吸収源とは、CO₂をはじめ温室効果ガスなどを吸収する働きのあるものを指す。京都議定書で、森林によるCO₂吸収量を温室効果ガスの削減量に算入することが認められた。1990年以降に新たに植林されたもの、間伐などの適切な森林経営がなされていることが条件となる。吸収量は国際的なガイドラインに基づいて算出され、国ごとや樹種・樹齢により異なっている。

 

 木材・建材用語辞典より引用