NO PHOTO

こーじぇねれーしょんコージェネレーション

Combined Heat and Power (CHP)のことで、熱電供給。木質燃料のもつエネルギーの約90%は暖房用の熱に換えられるが、同じ燃料で電気を生み出すと30%程度と効率が落ちる。ただ、熱需要は電気ほど汎用性がないので、理想的には発電に伴って発生する排熱を利用することが、熱と電気で総合効率を引き上げる。欧州ではCHP利用や機器が発達している。