がんすいりつ含水率

木材に含まれる水分の比率です。伐り出された状態のヒノキは含水率が100%を超えるものもあり、そのままでは木材として使用できません。これを独自の技術で繰り返し乾燥を繰り返して水分を取り除き、硬く乾いた木材を作ります。

通常、無垢材では含水率15%の壁を切ることは難しとされていますが、院庄林業の『匠 乾太郎』は全製品15%以下に抑えることにこだわっています。これによって、木材が割れや歪みに強くなり、長期にわたって強度を維持できるようになります。

写真は含水率を図る機械。すべての木材の含水率がコンピュータで管理され、記録に残されています。