かんばつ間伐

密集した森林から曲がったり弱ったりしている木を取り除き、森林全体を明るく風通しよく保つための作業です。木々のあいだに隙間ができることで、太陽光が根元まで届くようになり、木々の健全な成長を促します。

また、間伐を行うことで、雨の水が適切に地面に吸い込まれ、土砂災害を防ぐ効果もあります。