けーでぃーざいKD材

KD(Kiln Dry)材。乾燥機(Kiln)で人工的に乾燥された材料のこと。

院庄林業の無垢材『匠 乾太郎』は独自の乾燥技術を用いた『KD材』となります。

対して、長い歳月をかけて自然に乾燥させる材をAD(Air Dry)材と呼ばれます。

他にも、まだ乾燥されていない材のことをグリーン材と呼び、『生材』とも呼ばれています。