すえ・もと元・末

「元」は木の根の部分のことを指し、「末」は木の上の部分のことを指します。

また、1本の丸太から切る位置によって用途が異なります。

右の図のように、一番玉、二番玉・・・と分かれています。

一番玉は比較的節の少ない「役柱」というものに使われています。