しゃっかんほう尺貫法

日本古来の測量法。

長さを尺長さの単位を尺、容積の単位を升、質量の単位を貫とされています。

現在メートル法が使われていますが、木材業界では今もなおこの「尺貫法」が 根強く残っています。

1尺=303mm 1寸=30.3mm